そもそも、防音とは


そもそも防音とは、なんでしょう?

お隣に迷惑がかからないようにすることですね。

防音には2つの方法があります。

 

1.楽器から出た音を壁で跳ね返して、外へ出ないよう  

  にする。(遮音)

2.壁の内側に吸音材を張り巡らせて、音のエネルギー 

  を熱のエネルギーに変える。(吸音)
世間では、「防音≒吸音」と考えている方が多いようです。

なので、スタジオの壁には吸音材(布団のようなもの)が張り巡らされています。

吸音すれば確かに静かにはなりますが、演奏者はまさに布団の中で演奏しているわけですから、気持ち良いはずありません。

ではなぜ、「吸音」に頼る人が多いのでしょうか?

理由は2つあります。「遮音」にはコツがいるからです。

遮音のコツを知らないと、いくら壁を分厚くしても遮音効果は出ません。

もう一つの理由は、フラッターエコーが発生したとき、やかましいからです。