人間は動物界の最下位


ライオンは空腹でない限り、獲物を襲いません。

ゴリラは、森林を破壊したりしません。

彼らは足るを知っているわけです。

 

人間は地球を破壊し続けてきました。

もし、人間さえ存在しなかったら、地球は美しいまま存在し続けたでしょう。

 

なので私は、人間は動物界の最下位であると感じ、動物を尊敬しています。

 でも、この世に生を受けた以上、命あるかぎり生きたいと思うのが性。

 

私は建築家として、地球の破壊を最小限にとどめるエコな家づくりを目指しています。

エコロジー(生態系・自然環境保全)を大切に考えると、エコノミーにもつながります。

エコときくと、「ちょっと我慢」というイメージを持たせるかもしれませんが、実はエレガンス(優雅)にも通ずるのです。