遮音のコツはこれだけ


遮音のコツはこれだけです。

別々の壁を2枚建てるのです。

 

壁と壁の間にある空気層の厚みは40㎝がベストといわれていますが、気にすることはありません。

たとえ2㎝でも3㎝でも、空いていればOKです。

「遮音のコツはこれだけ」と言いましたが、実はもう一つ大事なことがあります。

 

それは、建築物の構造体に音のエネルギーを伝えないことです。

伝えたら最期。1階で演奏した音が、10階の部屋で聞こえます。

建物中のすべての部屋から、クレームが来ます。

 

 

上の設計図では、赤色が強烈な遮音層、黄色はやや弱い遮音層です。

黄色からはみ出た音のエネルギーが建築物の骨組みに伝わらないように、黄緑色と空色で多重遮音しています。