コンクリート浮床


建物本体のコンクリートの床の上に、25㎜厚の固めのグラスウール(96kg)を二重に敷きます。

二重に敷く理由は、継ぎ目をランダムにするためです。

 

その上に、鉄筋コンクリートの床を作ります。

コンクリートの汁がグラスウールにしみ込まないように厳重に防水シートでグラスウールを保護します。

 

防音実験では浮床の遮音性は完璧でした。

 

コンクリートの浮床を基礎として、その上に木造の家を建てます。

そのとき、柱や梁は絶対にビルの本体に触れないようにすることです。

要するに、音のエネルギー・振動に関しては、スタジオとビルとは無関係にすることが肝です。