ハワイの気候をめざして

ハワイ(ホノルル)は、1年を通して優しい暖かさに包まれています。

一応、雨季(11月から1月)と乾季がありますが、雨季といっても日本と比べると雨はとても少ないです。

スコールは1時間もすればやみ、そのあとはとても爽やかです。

なのに、ハワイの水は豊富です。その秘密は、[Hawaiiの気候が生まれる要素]をごらんください。

ハワイ(ホノルル)の気候を日本の家の中で再現するには、冬と夏ではやりかたが違い、冬のほうが簡単です。

冬に、ハワイの環境を作る方法

日本の常識では、暖房というとエアコンかファンヒーターですね。

つまり、空気を温めたらよいと思っているわけですが、実はそれが間違いなんです。

下のグラフは、人体が消費するエクセルギーを示していて、数字が小さいほど快適になります。

従来の家でエアコンを25℃に設定した場合、エクセルギー消費は3.4(W/㎡)となり、強引な暖房感、不快感を感じます。

ハワイの気候を創るには、十分に外断熱したうえで、コンクリートの床や壁にパイプを埋め込んでお湯を通します。

するとコンクリートが暖かくなります。(23℃設定)

そのとき室内の空気は21℃くらいまでしか上がりません。

冬においては、「床や壁が暖かく、空気の温度はそれより少し低い」これが心地よく感じるミソです。

想像するだけで、なるほど・・・と思いませんか?

実はこのことは科学的にも証明されていて、人体におけるエクセルギー消費は2.6(W/㎡)ですから、

エアコンによる強引な暖房よりも、24%も体が楽になります。体が楽になると心地よく感じます。