外断熱研究レポート その1


トンネルの中が、涼しいワケ

心地よい環境をつくる「気温」以外のファクター

トンネルに向かって歩いている女性、暑そうですね。

トンネルに入るとどんな感じになるでしょう? 想像してみてください。

まちがいなく涼しく感じるでしょう。

 

その涼しさの最大の原因は、太陽光(赤外線)から逃れることですが、

涼しく感じるほかの要素もあります。

それは、トンネルの床・壁・天井の温度が低いことです。(土の中の温度に近い)

 

 

さて、ここで問題です。

暑さ寒さ感じる要因として、「気温」か「床・壁・天井の温度」か、

どちらの影響が大きいと思いますか?

 

答えはズバリ、「床・壁・天井」です。

 

環境工学の世界では、「気温」と「床・壁・天井の温度」が人体に及ぼす影響はほぼ互角、ということになっていますが、私が実際に外断熱の家で15年間生活した体感では、「床・壁・天井」の影響力のほうが遥かに大きいです。 

高性能な外断熱の家では真冬でも、暖房というよりむしろ、ちょうど良い季節の中にいるような感じさえします。

春や秋は気温だけでなく、床・壁・窓・天井はもちろん、テーブルやお皿やフォーク、そして水道水など、

あらゆるものが爽やかな温度になって、快適な気候が家の中に居座っているような状態がつくられます。

 

なぜそうなるのか、順を追ってわかりやすくお話ししていきたいと思います。

心地よい環境をつくるには、「気温」以外のファクターが大切