· 

タクシーの運転手さんに戒告を受ける

 

私の本業は一級建築士事務所で宿泊施設などを設計していますが、アンテナショップとして小さな宿泊施設を運営しております。

今日もタクシーの運転手さんから、「おたくとこ行きたいんやけど、道教えて」と電話がありました。

 

私はあらかじめ、ゲストに完璧な道案内をメール添付で送っています。日本語と英語の住所はもちろん、京都駅のバス乗り場とバスナンバー、最寄りのバス停を降りてから施設までの道案内(グーグルマップ)とストリートヴュー。さらにタクシーの運転手さんに見せると確実にわかる京都ならではの道順説明。「これを運転手さんに見せてください」とゲストに伝えてあります。そして、万一のために私のケイタイ番号。

 

でもいきなり、ケイタイに電話が・・・

 

私はいかにもめんどくさそうに電話応対しました。(内心、それ見てもわからんタクシー運転手は失格!)

そしたらタクシーの運転手さん「そんな言い方ないやろ!! 道わからへんから訊いてるだけやろ!!」とエライ剣幕。

 

タクシーから運転手さんが降りてきて、「あんたの言い方、なんやねん!」と対応次第では私の胸ぐらをつかもうかという勢い。いっそのこと手を出されたら、それはそれで面白いとナンバーを暗記しながら聞いていたところ、徐々に運転手さんのプロ意識が伝わってくるではありませんか。 

 

「お互いに商売やってんねんから、ちゃんとせなあかん!」

要するに「お客さんを安全確実に送り届けるのが俺の仕事、お客さんをスムーズに受け入れるのがあんたの仕事。だからお互い気持ちよく協力すべき」というわけです。

 

私はなるほどと納得して素直に誤りました。「すみませんでした。これからしっかり道案内します」

タクシーが去ってから、ゲストをお部屋に案内してウェルカムトークをして、自分の部屋に入って考えました。

 

私は一級建築士であり、常日頃「先生」と呼ばれていて、知らず知らずのうちに上から目線になっていたのです。ありがちなことですが、自分だけは違うと思っていました。そしてお恥ずかしい話ですが、相手の職業によって自分の中でランク付けしていたのも事実です。

 

医者は偉いとか、タクシーの運転手さんはどうとか・・・

でも違いました、重要なのはプロ意識です。医者であってもプロ意識がない人はダメで、掃除のおばちゃんでもプロ意識がすごい人は達人です。そういえば、たしか「仕事の流儀」という番組にお掃除おばちゃんが出てたことを思い出しました。私はそれを見て感動していたのに、結局、解かっていなかったのですね。

 

この正月は、そのことを、身をもって解らせてくれたタクシーの運転手さんと出会いがありました。

 

ありがとう。

 


このブログの画像は「フリー素材ぱくたそ(www.pakutaso.com)さんの画像を使用しています。