スタンウェイがきらめく。小ホール


ここは、世界最高峰のピアノだけを扱う、ピアノ専門店の小ホールです。

スタンウェイの煌めく音色を、のびのびと発揮させてあげる空間をめざしました。

そのワケは、ずばり。ピアノを買う気にさせるためです。

スタインウェイは「神々の楽器」と呼ばれ、コンサートを開くピアニストの10人に9人に選ばれます。

スタインウェイを聴いて最初に感じるのは濁りのない音です。 

 

「神の楽器」と呼ばれるスタンウェイですが、実は置かれた部屋によって全く音色が違ってきます。

なぜなら、スタジオやホールそのものもピアノの一部であり、音響体の延長であるからです。

 

楽器店で試弾して気に入って購入したけど、自宅で弾いてみると期待通り響かない・・・

こういったことがよくあります。

逆に言うと、「美しく響く試弾室」をつくらないとピアノは売れないということになります。