コンちゃんも家族の一員に

コンクリートを味方にする外断熱。

外断熱と内断熱の違い

コンクリートで作った家を、外壁や屋根の外側から断熱材で包み込むことを「外断熱」といいます。(ちなみに、木造や鉄骨造の場合は外断熱とは呼びません)

しかし、もし同じ性能の断熱材なら、外側から包み込んでも、内側から貼り付けても断熱効果には差は生まれないはずです。

 

下の図でも分かるように、外断熱はコンクリートを包み込むので、コンクリート自体が外の温度の影響を受けません。

 

コンクリートの外側を断熱材で包み込むと、灼熱の太陽や、凍えるような寒さから、コンクリート自体を守る事ができ、その結果として、1年中ずっと安定して温度を保ってくれます。

 

コンクリートを見方にする事で、大きね2つの利点があります。

 

1つは、

室内の気温と湿度が非常に安定します。(豪華客船の原理)

 

2つめは、

優しい暖かさ、爽やかな涼しさを室内にもたらす事ができます。

 

これら当社は「ハワイの気候」と呼んでいます。

 

ハワイがリピーター率がNo1な理由の上記には「温暖な気候」が挙げられます。

きっと体が、ハワイの気候の気持ちよさを覚えているのでしょう。だからリピート率№1なのです。

なぜ、外断熱にすると優しい暖かさ、心地よい涼しさを感じることができるのでしょうか?

それはトンネルの原理です。

短いトンネルでは外の空気とトンネル内の空気がまじりあって、気温はそれほど低くありません。

でもトンネル内の床・壁・天井は地下室と同じように、年中15℃くらいですから、夏は涼しく、冬は温かく感じるのです。

 

たとえば夏、暑いからと言ってエアコンの温度設定を低くすると、冷え性になりますよね。

そんなとき外断熱なら、エアコンの設定温度を高めにできるので、爽やかな涼しさになります。冬はその逆で、

暖房の設定温度を低めにできるので、優しい暖かさになります。

 

このように、外断熱で家を作ると、家の中がハワイのように、優しい暖かさ、

心地よい涼しさになります。