無理のない規模で、行きましょう

賃貸マンション計画をするとき、私がいちばん大切にしているのは  「あなたの器に合わせてマンションの規模を考えること」 です。

というのは、いくら黒字経営でも、あまりに大きすぎるマンションは心の負担になるからです。

 

金銭的な器


たとえば原宿の駅から徒歩5分のところにあなたの土地があったとしましょう。

だれでも一度は住んでみたい場所ですね。

入居者が集まるかどうかなんて、ぜんぜん心配ない場所です。

不動産屋はもちろん、まわりの誰に聞いても「満室まちがいなしっ!」と言います。

 

しばらくして建築会社から見積がきました。

なっ、なんと5億円です。

あなたはどう感じますか? 

利益率は上々で、銀行や税理士さんも太鼓判をおしていますが、なんとなく怖くないですか?

 

これを私は「金銭的な器」と呼んで、大切にしています。

「金銭的な器」は人それぞれです。

「5000万円くらいなら怖くない」という人もいますし、「1億円までなら大丈夫」という人もいます。

「収支計算さえしっかりしていれば、何億円でも平気」という人もいます。

 

心の余裕のために


実は、5億円のマンションが危険で、5000万円のマンションなら安全だというわけではありません。

むしろある程度規模を大きくした方が建築単価も安くなりますし、諸経費も割安になる傾向があります。(2億円くらいがひとつの目安)

 

私は、マンション経営の目的は、将来の安定収入、つまり心の余裕を得るためだと思っています。

ですから心の負担になるようでは本末転倒です。

私は、そこを大切にしたいと思います。

 

ところが、たいていの営業マンは、最大規模のマンションを企画してくるはずです。

なぜなら、売り上げを大きくしたほうが成績が上がるからです。

またしても、業者の都合でことを進めようとしているわけです。 情けないですね、そういうのは・・・

 

私は、そういう意味でも親身なって考えていくタイプです。

ぜひご一緒に、あなたの将来を考えさせてください。

 

 

前のページ《  第9章:MACに依頼すべき理由

次のページ 》 第11章:ご相談から先の流れ