パリのアパルトマンに学ぶ


 

このお部屋の占有面積は、何平米くらいあると思いますか?

 

わずか16㎡です。

 

一方、日本で16㎡のマンションはどうでしょう?

まあ、貧乏臭いこと・・・

 

貧乏クサイ 日本のワンルームマンション 16㎡

 

ちなみに、パリのアパルトマン(16㎡)の間取りはこのようになっています。

ありますね。生きる希望いてきます!

パリのアパルトマン 16㎡ 間取り

 

 

もう、根本的に考え方がちがうのですね

日本のワンルームマンションは家畜小屋

パリのアパルトマンは夢の部屋

映画の主人公になってみたいですね

 

そして、パリのアパルトマンが 22㎡になると、こうなります。

 

「こんなところに住んでみたい!」という声が聞こえてきそうですね。

22㎡のパリのアパルトマン間取りはこうです。

スペースは小さいですが、うまくコーナー分けされていて、生活の全てのシーンが楽しめます

 

 

では、日本のワンルームマンションが22㎡になるとどうなるでしょうか?

 

貧乏クサイ 日本のワンルームマンション 22㎡

 

はい、全く同じです。

お部屋が長くなって、8帖になるだけです。(16㎡の部屋は6帖)

「仕事に疲れて帰ってきて、あんた寝るだけででしょ」みたいな気がしませんか?

もう、この画像はみたくありませんね。ヘキエキしてきました。

 

パリのアパルトマンと日本のワンルームマンション、どうしてこうも違うのでしょう?

日本人はセンスが無いのでしょうか?

まあ、それもあるかもしれませんが、最大の原因はセンスの差ではありません。

 

入居者だいじにするか、バカにするかの差です。

 

最後にもうひとつ、パリのアパルトマン30㎡のインテリアをお楽しみください。

 

 

30㎡でここまでできる! のです。

なんだか勇気が湧いてきましたね

建築費が高くなっても、工夫の余地はまだまだあるのです!

 

パリのアパルトマン 30㎡ 間取り

 

 


建築費が高くても、儲かる賃貸マンションはつくれる!


建築費が高騰したときは正直いって慌てましたが、他の業界を見渡すと、どの業界でも凄い努力をしていて、

むしろ以前より素晴らしい物を生み出しています。

「人間ってすごいなぁ~」と、感動してばかりいられないので、大人がしっかり暮らせるマンションを設計しました。

まずは 大人の一人暮らし、21㎡ です。どうぞご覧ください。

 

 

大人の一人暮らし(21㎡)のコンセプトは

「仮住まいではなく、本気んでいただける、堂々とした住まい」です。

ファミリーマンションと同じ設備がすべて整っています。

 

 

ではつぎに、「大人の二人暮らし暮らし、32㎡」をご覧ください。

 

大人の二人暮らし(32㎡)のコンセプトは

大人二人がしっかり暮らせる住まい です。

 

それぞれの部屋で使うものを、それぞれの場所に収納できるように設計しました。

ウォークインクローゼットはかなりの大容量です。

キッチンとリビングダイニングの距離感も微妙に調整しました。

 

ダイニングテーブルとソファもちゃんと配置でき、パリのアパルトマンのようなお洒落た生活ができます。

これくらい充実した間取りをネットで検索すると、40㎡超えになってきます。