ご相談から先の流れ(ハイグレード賃貸)

追っかけ営業は誓っていたしません


この業界では  「営業は、断られてからがスタート」  などと、ヘンなことを刷り込まれた営業マンが、

ストーカーのように付きまとうことが日常です。

たとえば 「マンション経営セミナー」 や 「小冊子プレゼント」

ここで住所氏名を書くと、その日から訪問営業がはじまります。

私はこのような追っかけ営業で、とても嫌な思いをしたことがあります。

ですから反対に、自分はそんな営業は絶対にしません。

 

前フリが長くて、しかも暗い話題ですみません。

私はあくまで、 「ご相談メールにお答えする」  という立場をとっています。

では、どのような方からのご相談をお待ちしているのでしょうか?

 

「一括借り上げや家賃保証など、途中で裏切られるような他力本願ではなく、強烈なファンができるマンション、

古くなっても見劣りしないヴィンテージマンションを創りたい!」  そうお考えのあなたから相談メールが欲しいのです。

 

私のご相談フォームにも住所・氏名の欄があります。

「だったら他社と同じではないか!」  とお叱りを受けそうですが、住所・氏名をお書き頂く理由が違います。

住所 (敷地の位置) は、建築規制を調べたり、都心へのアクセスや日当たり、建築コストなどを把握するためです。

実名を名乗ることは、あなたと私の心がつながる第一歩です。

 

初歩的なことでも、どうぞ恥ずかしがらずにご質問ください。

反対に、 「よくぞ、そこに気がつきましたね!」  というような 高度な質問も楽しみにしています。

 

 

相談から契約までの流れ


ここから先は、ちょっと気の早い人のために書きました。

「もし、前向きに検討するとなったら、どこまでが無料なのだ?」  と思われた方、次の表のように、たいてい無料なのでご安心ください。 

 

 

▶︎ Step 1.  相談 (無料)

街には大小たくさんのマンションが建っていますね。

でも、それを見て、 「建築費はどれくらいかかるんだろう?」   「何年くらいで返済して、どれくらい儲 かるんだろう?」  なんて

考えたことがおありでしょうか? 

ふつうそこまで考えませんよね。他人事だし・・・。

 

でも、いざ自分がマンション経営のことを考えはじめると、とても気になります。

ところが本当の数字を知るのはきわめて困難です。

マンション経営している友達にたずねても、 「まあまあ、ってとこね・・・」  とハグラかされるのが落ちです。

そこで私が、かなりシビアな数字をお教えします。

 

飾った数字でもなく、へりくだった数字でもなく 「もしあなたが本当にマンション経営を始めたらこうなります」 という数字を、

誤差5%の範囲で的確にお伝えします。

 

でもね。 大事なことは、あなたと私の信頼関係です。

私のお教えする数字がいくら正しくても、信頼がないと意味がありません。

逆に私としても、あなたの人格がわからないと、シビアな数字を口にできません。

「安田はこう言ったじゃないか!」  と,クレームをつけることが趣味な人だったら、 数字をぼかしておかないと危険だからです。

 

ですからメールのやりとりには、マンション経営の数字のことだけでなく、あなたのご家族のこと、

人生で大切にしていること、将来はこうなっていきたい、というようなこともお書きください。

私も自分の性格やクセ、趣味、そして失敗談など、だんだん披露していこうと思います。

 

 

▶︎ Step 2.  企画 (無料)

こうして、だんだんお互いを知ることになります。

途中で 「安田はいやな男だ」 と思わるかもしれません。  もしそうなら、お互いの 「相性」 が良くないということです。

こういうときは残念ですがそこで解散です。

なぜなら、いくら技術的に優れていても相性が良くないと、なかなか良い結果が望めないからです。

 

もし相性が良さそうなら、もう少しメールのやり取りを続けてみましょう。

「マンション経営とはこんな感じだ」 と手ごたえを感じてもらえるようになりますし、お互いのこともさらに分かってきて、

信頼関係が育っていくことでしょう。

 

 

▶︎ Step 3.  面談  (無料)

お互いの人物像もあるていどわかり、総事業費と収益性も分かりました。

Mac安田のやり方や性格をご理解いただき、ご賛同いただけた場合は、ぜひいちど私の事務所へおいでください。

家庭訪問のような感覚でおいで頂ければ嬉しいです。

 

いままでHPとメールでのやりとりでしたが、実際にお合いしてどうだったか? 

イメージ通りの人間か ? などいろいろ感じ取ってください。

これまでに長崎や仙台などご遠方の方も、一度は京都までおいでいただいております。

 

交通費もかかります。でも、こうお考えください。

「我が家の将来を左右する、マンション経営の企画設計を任せるかもしれない相手が、どんな人間で、ど んなところで仕事をしているのか

確かめに行かない手はないよね ・・・ まっ、京都観光も兼ねてちょ っとでかけてみるか・・・」

 

 

▶︎ Step 4.  事業計画書提示 (条件付無料)

さてここからが、 「はじめてのマンション経営で成功する」  の本領です。

新築して10年くらいの間はどんなマンションでもたいてい入居者が集まるもので、本当の勝負は10年、15年先にはじまるからです。

私は今後100年間、少なくともお子様の代になっても実力を発揮するマンションのコンセプトをつくります。

 

条件付き無料としましたが、 「このまま順調に進んだら、Mac安田を起用しようか」  と、ご家族全員が思ってくださればそれでOKです。

 

 

▶︎ Step 5.   設計契約

お会いして人間像を再確認して、建築予算と収益性、そしてコンセプトにも賛成いただけましたら、いよいよ設計監理契約です。

おめでとうございます! これであなたは、ご家族の将来を豊かで明るいものにする第一歩を踏み出されたわけです。

 

ずいぶん先のことまで書いてしまいましたが、まずは素朴なご質問を、ご相談フォームからどうぞ!  

 

宣誓!  追っかけ営業をしないことを誓います (^O^)/

 

 

前のページ《  第 9 章:無理のない規模で、行きましょう!